コンセプト

私達の家庭から新たなご家庭へ

ペットショップに並ぶ多くの動物達がどのようにしてそこに陳列されているか、その過程を考えたことはありますか?
ハムスターやマウスなどの小動物は海外から海を渡り、まとまった数で輸入されてくるものも多いです。国産のウサギなども運送会社によって運ばれて卸売業者さんのところに集まります。
輸送が悪いとは言いませんが、コストの関係などからどうしても快適とは離れた環境に長く晒されることになってしまいます。
また、卸売業者さんのところでもひとつひとつのケージにそこまで手間隙かけてあげられないのが現実です。
資本主義の社会のなか、安い値段で流通するからにはある程度仕方がないこととも言えるのですが、考えるとちょっと切なくなってしまう問題でもあります。

私達の育てた動物たちは、私達の手元から直接新しいご家庭へお迎えいただくことができる、幸せな子供たちです。
移動などの無理が少ない状況で迎えいれられた子達は、きっとストレスも少なく、新しいご家族にいち早く心開いてくれるものと思います。

ペットショップにも卸しています。

当店出身の子達は時にはペットショップの店頭に並ぶこともあります。
私達が直接お店までお届けし、ストレスが最小となるように心がけています。
信頼できるペットショップの店員さんたちにも愛され、新しいご家庭へとお迎えいただいた動物達は驚くほど穏やかで人懐っこいと評判です。
質の違いが実感できるといつもお喜びいただいています。
このようにあちこちのお店に飛び回っていますので、ブリーディングハウスに私達がいつもいるとは限りません。来店に際しましては一度事前にご連絡いただけますようお願いいたします。

より多くの情報を世界から。

日本語でかかれたホームページ(これもまぁそうなのですが)にはなぜか誤解を招くような情報や間違ったことがいっぱい。
誰かの間違った情報がまたどこかでコピーされ、どんどん間違った知識が量産されているのをみかけます。

私達は20年以上前から海外より情報を仕入れています。
英検一級帰国子女&現役翻訳職の旦那も大活躍。英語学術文献から得られるより正しい飼育方や遺伝子の理解が私達の飼育繁殖の基礎となっています。
中には日本で流布した常識と異なるところもありますが、私達の手元から少しずつでも生き物の生態に近づいた飼育ができるようになっていけるよう、お手伝いしていけたらと願っています。

英語での飼育説明ももちろん可能となっておりますので、お近くに動物を飼いたい、飼育に悩んでいるが言葉の壁が…という方がいらっしゃるならば、是非当店に一度ご相談ください。
Top